営業時間 8:00~19:00

外壁リフォーム

  • TOP
  • 外壁リフォーム

サイディングについて

外壁工事の一部であるサイディング工事は、現在では日本家屋の9割に施されている施工です。住まいを立てる際にはサイディングと呼ばれる板状の素材が外壁に使用されますが、耐用年数があり、耐用年数を迎えたサイディングを剥がして張り替えたり、古いものの上から新しいものを施工するサイディング工事を行う必要があります。
耐用年数を迎えた外壁は、経年劣化によるヒビや汚れなどの蓄積で見栄えが悪いだけではなく、雨漏りや隙間風などの原因となる可能性が高く、外壁の補修としてサイディング工事を行うことで新たな外壁にすることができ、ダメージのない美しい外壁に生まれ変わります。
張り替えや重ね張りによって耐用年数を延ばすことができるので、この工事を実施することによって再び安心して生活を送ることができるようになります。

カバー工法

費用:約100万(足場込) 期間:2週間~3週間 人数:2人

張り替え工法

費用:約130万(足場込) 期間:約1ケ月 人数:人数:2人  耐久年数:15~20年

サイディング工事のメリット

サイディング工事は外壁の見た目を美しくしたり機能性を向上させたりすることができます。
経年劣化の激しい外壁をサイディングでメンテナンスする事により、劣化して出てきてしまった雨漏りなどのトラブルから建物から住まいを守る事ができ、外壁サイディング工事を行う事により耐久性や美観も新築のように蘇らせる事が可能です。

サイディング工事を行う目安

新築で家を建てられてから15~20年程したら、建物のあらゆる部分に劣化が見られてきます。
そのままにしておくと、ひび割れや塗装の剥がれなどで、雨漏りなどのトラブルが起きる事が多く、プロの業者の調査でないとトラブルの原因を突き止める事が難しい場合があります。劣化度合いによっては水回りなどでシロアリが発生している事もあります。張り替え工法の場合は、外壁だけでなく、下地も確認する事ができ、建物のトラブルの原因が分かりやすく、後の不安もなくなります。

サイディングの種類

窯業系サイディング

メリット
表面の塗装の耐久性が高いので、金属にあるサビが出ない、つなぎ目が分かりづらいので見た目がずっと美しく保たれます。

デメリット
元々あるサイディングを剥がして張り替える為、廃棄コストがかかります。

金属サイディング

メリット
金属サイディングはサイディング材の中でも重量が軽く、断熱材が付いているので断熱効果がアップする事がメリットです。新築などの建物は、初めに窯業系のサイディングで施工している事多いので、上からカバー工法を使用する事が多いです。

デメリット
基本的にはサビにも強いですが、まれにサビが出る可能性があります。しかしサビを補修してくれる機能がある材料もあります。

ガルバリウム外壁

メリット
サイディング材の中でコストが一番安いガルバリウム外壁は、工期も早く、金属サイディングよりも重量が軽く見た目の種類が豊富な事がメリットです。

デメリット
ガルバリウム外壁は断熱材が入っていないので、金属サイディングと比較すれば断熱効果が薄く、もともとサイディングがある上から張るカバー工法に適しています。

施工の流れ

1.お問い合わせ
電話、もしくはメール、LINEにてお問い合わせください。
2.症状の確認
ご連絡いただきましたら、大体の症状をお教えいただき、現場調査の日程を決めさせて頂きます。
3.お見積もり
現場を確認後、詳細なお見積もりを提出いたします。
4.ご契約・施工開始
お見積もり内容をご検討頂き、問題なければ施工日程を決め、施工を開始いたします。
5.お支払い
施工完了後、お客様にも確認をしていただき、問題ございませんでしたら費用のお支払いを頂きます。